奈良の特産品「蚊帳生地」。
この蚊帳生地をなんとか活かしたいという思いから生まれたのが「花ふきん」。
その花ふきんを二色使い、色合い鮮やかなあわせふきんです。


中川政七商店 あわせふきん

中川政七商店について

中川政七商店は奈良の地で享保元年(1716)に創業し、創業以来、手紡ぎ手織りの麻織物を扱い続けています。 そして失われつつある日本の伝統工芸を元気にする取り組みをしています。

中川政七商店では、現在も江戸時代の奈良晒と同じ製法、手織りで生地を作っています。 その分時間、手間はかかるけれども、機械では作れない人間の手でしか作れない大切なものがあると信じて。


奈良の特産品である蚊帳生地は、暮らしの変化によって衰退していきました。
この蚊帳生地をなんとか活かしたいという思いから生まれました。
歴史を守り、伝統を続ける。
その土地にあった土地ならではの特産品を守っていきたい。
目の粗い生地を二枚重ねにして「薄手」にしたのは、広げて干せばすぐ乾くように。
五十八センチ角の「大判」にしたのは、大きくすることで包んだり、覆ったり用途が広がるからだけではなく、折りたたんで重ねて使うことで吸水性が増すから。

中川政七商店 あわせふきん

中川政七商店 あわせふきん

二色使いのあわせふきんにしたのは、慶事や弔事などの場合も贈りやすい色合いだから。
お祝い事の時は、パキっとした朱色と白の色合いが、とっても喜ばれそうです。

中川政七商店
0079

中川政七商店 あわせふきん

  • サイズ:580x580mm
  • 素材:綿100%

756 円 (税込)

中川政七商店 あわせふきん:

数量:

カートに入れる

中川政七商店
キッチン